Uncategorized

やれば誰でも変われる!?発信側になって感じた「人生が好転するメリット」

一応SNSなどで情報発信して3年ほど経っている僕が感じた「情報発信側になったことによるメリット」をお伝えしようと思います。ここ最近では、情報を受け取る側から発信する側が増えてきていると思いますが、発信して何になるのかな~と思っている方や、一歩踏み出してみたいけど中々勇気が湧かないな~という方の参考になればと思います。

同じような考えを持つ方、同業者と繋がれる

フリー画像 繋がり に対する画像結果

例えば、筋トレ関連の発信をしていると、他の筋トレをしている方が「いいね」や「フォロー」をしてくれるようになります。また発信を続けていくことで、わざわざDMから挨拶しにきてくださったり、投稿のコメントにメッセージをくれたりします。そこからさらに仲良くなれば、直接お会いしてご飯に行ったり、趣味を一緒の楽しんだり、というような感じで新しく気の合う仲間を作ることもできます。実際にそういった目的でSNSを使われている方は少なくないです。

どんな事をしているのかを伝えやすくなる(名刺代わり)

プロフィール覧や投稿に自分の活動についてや情報発信をしていると、どのようなことしているのかを認知してもらいやすいです。発信していることで、リアルに話さずとも仕事内容を理解してもらいやすいという利点もあるので、名刺の代わりとして使われている方も多いかと思います。

応援してくれる人が出てきた

フリー画像 応援 に対する画像結果

日々目標に取り組んでいる姿勢を発信し続けていると、いつしか応援の言葉をいただけるようになります。実際に僕が鍼灸師の国家試験までの日常をカウントダウンしながらSNSで発信していた時に、試験前日や数日前に

「原気もらってました!」

「いよいよですね!頑張ってください!」

「応援してます!」

などなど、いろんな方からメッセージをもらい、一人でじわーときました(笑)。

「一人じゃないんだな」と思わせてくれて奮起できたりするし、自分の知らないところで周りに何かしらを与えていたということを知れた時には、とても幸せを感じました。

仕事につながるようになった

フリー画像 仕事 に対する画像結果

発信していくことで、「専門家」という立場となり、自分自身がサービスを打ち出していると、買ってくれる方もいますし、そういった方が集まるようにSNSマーケティングを行うことでより仕事の依頼が多くもらえたりすることもできます。

ざっと上げてみましたが、いかがでしたでしょうか?

発信側になることでいろんな恩恵を実際に僕も受けてきました。だからこそ、3年たった今でもこういう形で伝えていこうと思い、まとめてみました。是非参考にしてみてください!

今回はこの辺で。またね!

YUSUKE